PROFILE

Live Haus 建築設計所

 

登録

茨城県知事登録 第A-3582号 (一級建築士事務所)

建築士責任賠償保障制度

 

所在地

〒305-0042  茨城県つくば市下広岡293-19  (登録所在地)

〒300-0046  茨城県土浦市千束町5-11 (オフィス)

 ※2017年11月より、オフィスは つくば市春風台A33街区2-1-B  に移転しました。

 

連絡先

電話・ファクス  029-857-6944

E-mail              archi@live-haus.com

 

 

 

 藤 田   克 則

FUJITA, Katsunori 

 

趣味など

木工 コーヒー焙煎 ピザづくり スポーツ(とくに球技) 音楽 など

 

 

資格

1993 一級建築士(第240073号)

2012 農学博士

2016 茨城県応急危険度判定士 茨城県木造住宅耐震診断士

2017 既存住宅状況調査技術者

 

所属

日本建築学会

木質構造研究会

茨城県建築士会

茨城県産材普及促進協議会

 

受賞・個展

1989 新建築住宅設計競技 ディスプログラミング 選外佳作

1990 個展 建築「対峙から対自へ」展 筑波大学別館ギャラリー

2008 第11回木材活用コンクール 日本住宅木材技術センター理事長賞 ※1

2009 第12回木材活用コンクール 奨励賞

2014  第26回栃木県マロニエ建築優良賞

 

掲載誌 ※1は除く

「小幡ふもとのいえ」住宅建築1998年7月号

「E-CHO」      新建築   2008年12月号

 

経歴  

 

1988 宇都宮大学工学部建築工学科卒業

1991 筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻修士課程修了

1991~1994

        (株)杉建築設計事務所(渋谷区=当時) 勤務 公共建築の設計監理に携わる

1996~1997

        Live Haus 藤田建築設計事務所 主宰

1997~2010

        (株)設計工房禺[1997開設~2010閉所](管理建築士) 現場監督も経験

    うち、1997~2004 現筑波大学名誉教授 安藤邦廣氏と共働

    この時期の仕事(いわゆる担当業務)は、当HP中では※1として表示しています

2011~2012

        (株)けんちく工房邑 勤務

2012 東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻博士課程修了

        学位論文「伝統的木造における構造要素の力学特性の解明と構造設計法への適用」

2012 Live Haus 建築設計所設立

 

 

 

  

藤 田   美貴子

FUJITA, Mikiko 

 

趣味など

読書 能管

 

 

経歴 

            同志社女子大学家政学部家政学科卒業 

2013~

     「片づけ講座」、「親子のためのお手伝い講座」開催

2015   「暮らしの宝探し」常陽リビング誌にて月1連載中 

 

資格等

             染織作家

2013     一級家事セラピスト

 

 

「主婦から見た住まいのあり方を提案します

 

 

 

 

業務内容等

業務内容

○新築建物の設計と工事監理

 

○既存建築物の改修・耐震補強設計・再生に係る設計と工事監理

 

○CM(コンストラクション マネージメント):

 建て主自らが直接工事を行うという形をとる場合のお手伝い:設計・見積もり・工事監理・工程管理(=現場監督)

 

○その他

 

 

無料相談

 建物の設計等に関する無料相談を随時受け付けておりますので、遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

業務報酬など

  建築設計業務に要する費用につきましては色々なケースがあると思いますので、要相談とさせてください。

諸基準や経験等から、原則的には下記の①~④による算出が目安になります。

 構造計算が必要な建物については別途費用が必要になります。

 

① 実費精算

  (打合せ回数+その準備に要した日数) × 日当

Aには申請・測量・現場監理などに要した日数を加算する

Bは担当者の建築士の免許取得後の経験年数などによって異なる

 参考:国土交通省 設計業務委託等技術者単価(H24)

② 総工費のパーセンテージによる算定

  住宅の場合、設計費用は総工費の710%程度(建物の面積規模による)

ただし総工費の縮減やコストパフォーマンスの向上に努めることが前提

③ 建物の用途と規模における標準的な仕事時間を参考にした算定

  標準的な仕事時間 ÷ 8 × 日当

  ※C:国土交通省告示第15(H21)による

④ (設計に関する)経験値に基づく算定(概算)

 

※一般的な建築設計業務の段階と内訳

 設計業務

●基本設計  ― 建物の間取りと仕上げ(構造と規模)の決定

 ●実施設計  ― 設備等を含む詳細な建物仕様の決定と設計図書一式の作成

 ●現場監理  ― 設計図書と工事内容との対照と変更への対応

 申請業務

 ○確認申請等 ― 建物の合法性の確認と工事の届け出、現場検査の立会い

 

 

建築家の仕事 -その役割-

 建築家(設計者)の役割は、立場などが異なるもの同士の仲介者だと考えます。


 仲介する「もの」・「ごと」・「ひと」とは、次のようにたくさんあります。

(見方の例:①=設計者は建て主と施工者の間を取り持つ、など)

 

     

 

    

 

 

     ①建て主                   -設計者-                  施工者

     ②法律など                -設計者-                  ものづくりの現場

     ③建物                     -設計者-                   まち

     ④材料                     -設計者-                   建築物

     ⑤建物の構造              -設計者-                   建物の設備

     ⑥建て主                   -設計者-                   近隣住民

     ⑦engineer(技術者)        -designer(設計者)-        craftsman(職人)

     ⑧地球                     -設計者-                   地域環境

     ⑨home(家族)              -設計者-                            house(すまい)

     ⑩もしかしたら、              -設計者-                            

     ⑪建物                                -設計者-                            家具や備品

     ⑫伝統                                -設計者-                            未来

     ⑬コスト                               -設計者-                            品質

     ⑭まじめさ                           -設計者-                            かしこさ

     ⑮大人                                -設計者-                            子供

     ⑯健常者                            -設計者-                             障害者

     ⑰時間                                -設計者-                             空間

     ⑱…

 

 果てしのない目標であるとは思いますが、それらをうまく結びつけることができた時、建築家(設計者)が少しでも社会のお役に立てるのではないかと、そして、それに向かって精進することが、建築家としての職能だと思っています。